財産的基礎の500万円がありません。なんとかなりませんか?

一般建設業許可を取得する要件の中に財産的基礎が必要とされています。

これは500万円以上の現金、もしくは帳簿上の自己資本額がなければ一般建設業の許可が取れないということなのですが、これは融資や借金であってもいいので、知人や家族親戚からの借金でもかまいません。

また新規に建設業を始めて、かつ許可も一緒に取得しようとする場合や、事業の発展のために建設業許可を取りたいと言うことであれば、日本政策金融公庫などの公的な融資が使える可能性があります。

当事務所では融資も取り扱っております。

「創業融資サポート茨城」http://yushi-sup.com/

たとえば法人化して建設業許可を取得する場合、現金で500万円がなくても、車や土地などの現物出資を利用する方法もあります。

詳しいことにつきましては、どうぞご相談下さい。

なお茨城県では公庫を含めた金融機関からの「融資証明書」は認めていません。

融資金額が入金された口座の残高証明を取らなければなりません。

なおこの残高証明書はメガバンクの場合、申請から1週間くらい掛かるので、緊急の場合には注意しましょう。
 
茨城県の建設業許可取得を完全サポート!

サブコンテンツ

このページの先頭へ