経審とはなにか

経営事項審査(通称「経審」)とは建設会社にとって通信簿のようなものです。

建設業者の

  • 完成工事高
  • 経営規模
  • 経営状況
  • 技術力
  • 社会性

により点数付けを行います。

この点数により発注機関が定める建設業者への点数を「客観点数」と言います。

地方自治体などの発注機関はこのほか、自分たち独自の点数である「主観点数」を付けます。

この二つの点数により発注機関は建設業者をランク付けして、そのランクに応じた公共工事を一般競争入札などで応札させます。

建設業の許可を取得していない場合、この経営事項審査を受審することができません

この経営事項審査を受審していない場合、公共工事の入札に参加することができません。

つまり建設業許可を取得していない場合、公共工事の入札に参加することができません。

またそれ以外でも発注者によっては下請業者にこの経営事項審査を受審していることを要求するケースもあります。

茨城県知事許可の場合、この経営事項審査において建設業者はかなりきびしく台帳等をチェックされます。

たとえば外注費のチェックなどもされるので、建設業の許可をもっていない業者への発注が500万円を超えた場合などには指摘されます。

建設業許可についてのご相談はこちらまで

相談は全て無料です!!

取得要件の診断を行っております。お気軽にお問い合わせください!

茨城県建設業許可サイト問い合わせバナー