建設業許可を行政書士に依頼するメリットは何ですか?

許認可業務の中でも建設業許可の取得は、かなりハードルが高い部類です。

まず、許可を受けるための要件が厳しい。

経営業務管理責任者、営業所専任技術者、一般建設業許可で500万円以上の財産、建設業法違反、商法違反に問われたことがないこと、などです。

それらの条件をクリアするだけでも建設業に従事した時間、経験、知識がかなり必要であるのに、それを証明することはさらに難しいことが多いです。

自分では経験も資格もあるので、許可は取れるはずだと土木事務所に相談に行き、結局聞いたこともない証明書類を要求されて断念するケースもあります。

そのときに知識のある専門家に相談すればなんとかなることも多いのですが、本人は許可が取れないと思い込んでいて、そのまま諦めてしまう。

それくらいならば最初から信頼できる行政書士に丸投げした方がよほど許可の可能性は高まりますし、時間の節約になると言うのが当事務所の考えです。

よろしければ参考にして下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ