茨城県で「管工事」の建設業許可取得98000円から!

茨城県で「管工事」の建設業許可を申請するのには以下の要件が必要です。

業種名 管工事
工事の内容 冷暖房、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、又は金属製等の管 を使用して水、油、ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事
工事の例示 冷暖房設備工事、冷凍冷蔵設備工事、空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、厨房設備工事、衛生設備工事、浄化槽工事、水洗便所設備工事、ガス管配管工事、ダクト工事、管内更生工事
工事区分の考え方 し尿処理施設に関する施設の建設工事における『管工事』、『水道施設工事』及び『清掃施設工事』間の区分の考え方は、規模の大小を問わず浄化槽(合併浄化槽を含む)によりし尿を処理する施設の建設工事が『管工事』に該当し、公共団体が設置するもので下水道により収集された汚水を処理する施設の建設工事が『水道施設工事』に該当し、公共団体が設置するもので汲取方式により収集されたし尿を処理する施設の建設工事が『清掃施設工事』に該当する。
一般建設業許可
営業所専任技術者になれる資格
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
機械「液体工学」又は「熱工学」・総合技術監理技術士(機械「液体工学」又は「熱工学」)
上下水道・総合技術監理技術士(上下水道)
上下水道「上水道及び工業用水道」・総合技術監理技術士(上下水道「上水道及び工業用水道」)
衛生工学・総合技術監理技術士(衛生工学)
衛生工学「水質管理」・総合技術監理技術士(衛生工学「水質管理」)
衛生工学「廃棄物管理」・総合技術監理技術士(衛生工学「廃棄物管理」)
給水装置工事主任技術者+取得後1年の実務経験
1級冷凍空気調和機器施工・空気調和設備配管技能士
2級冷凍空気調和機器施工・空気調和設備配管技能士+合格後3年の実務経験(平成15年以前合格者は合格後1年以上の実務経験)
給排水衛生設備配管技能士+合格後3年の実務経験(平成15年以前合格者は合格後1年以上の実務経験)
1級配管(選択科目「建築配管作業」)・配管工技能士
2級配管(選択科目「建築配管作業」)・配管工技能士+合格後3年の実務経験(平成15年以前合格者は合格後1年以上の実務経験)
建築設備士+取得後1年の実務経験
1級計装技術審査合格者+取得後1年の実務経験
実務経験による技術者
特定建設業許可
営業所専任技術者になれる資格
1級管工事施工管理技士
機械「液体工学」又は「熱工学」・総合技術監理技術士(機械「液体工学」又は「熱工学」)
上下水道・総合技術監理技術士(上下水道)
上下水道「上水道及び工業用水道」・総合技術監理技術士(上下水道「上水道及び工業用水道」)
衛生工学・総合技術監理技術士(衛生工学)
衛生工学「水質管理」・総合技術監理技術士(衛生工学「水質管理」)
衛生工学「廃棄物管理」・総合技術監理技術士(衛生工学「廃棄物管理」)

指定学科 土木工学、建築学、機械工学、都市工学又は衛生工学に関する学科
サブコンテンツ

このページの先頭へ