工事現場における主任技術者とはなんですか?

建設業許可とは直接関係ないのですが、建設業界にいると「主任技術者」という言葉がよくでてきます。

これは「監理技術者」に対する用語であり、工事現場に配置される技術者で監理技術者でない技術者は全て主任技術者となります。
 

  1. 元請、下請を問わず建設業者が工事を施行する際には全てこの主任技術者もしくは監理技術者を工事現場に配置しなければならない。
  2. 主任技術者となるためには一般建設業許可の営業所専任技術者と同じ要件が必要。
  3. 元請業者として下請業者に3000万円以上(建築一式工事の場合4500万円以上)発注する場合には、主任技術者ではなく、監理技術者を配置しなければならない。
  4. 監理技術者も主任技術者もく公共性のある工作物に関する重要な工事に関しては、その工事について専任でならなければならない。

 
建設業の許可がなくても、500万円未満の工事ならば受注できます。

しかしたとえ許可を取得していない建設業者であっても、この主任技術者を工事現場に配置しなければならないことに変わりはありません。

つまり建設業者として工事を受注するためには、資格や実務経験のある事業主もしくは従業員が最低一人以上は必要だと言うことになります。

茨城県の建設業許可取得を完全サポート!

サブコンテンツ

このページの先頭へ