社会保険未加入ですが建設業許可はとれますか?

社会保険とは以下を指します。

  • 雇用保険
  • 医療保険
  • 厚生年金保険

 
このうち「雇用保険」は法人、個人事業主を問わず、一人でも労働者を雇用している場合には加入しなければなりません。
しかし「医療保険」「厚生年金保険」については以下の場合に加入義務が生じます。

  • 個人事業主で常時5人以上の労働者を雇用している場合
  • 法人

 
国土交通省では平成29年度をめどに、この社会保険の加入義務がある建設業者について加入100%を目指しています。それは

  • 建設労働者の医療、年金などの公的保証がない
  • 若年労働者の建設業界への就労にブレーキを掛けている
  • 社会保険を負担している良心的な業者が、そうでない業者に較べてコスト上不利になる

 
と言った理由からです。
 
現在ではまだ社会保険に加入していない場合でも、加入の実態を記載した書類を添付するだけで、それだけで不許可とすることはありません。
しかし、上述のような目標を国交省が掲げている以上、遠からず社会保険加入は建設業者にとって、また建設業許可取得について必須となるものと思われます。

現在茨城県では、社会保険に加入義務があるにもかかわらず、未加入の建設業許可申請業者に対しては、許可取得後1年以内の社会保険加入とその裏付け書類の提出を指導しています。

千葉県における「健康保険等の加入状況」確認資料はこちらまで

茨城県の建設業許可取得を完全サポート!

サブコンテンツ

このページの先頭へ