土木一式工事、建築一式工事とはなんですか?

建設業29業種の表を見ていただくとわかりますが、土木一式工事と建築一式工事においては

「工事の例示」
「工事区分の考え方」

がありません。

ただ「工事の内容」として「総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物(建築物)を建設する工事」とあるだけです。

この土木一式工事、建築一式工事を取得していれば土木もしくは建築工事は全て施工が許されるようにも思えますが、これは基本的に元請業者が複数の専門工事を企画、指導、調整して施工するための許可です。

したがって原則として元請で受注した工事しか該当しませんし、小規模な工事は該当しません。またその工事の完成に「複数の専門工事」が必要なので、逆に言えば単独の専門工事しか必要ない工事では該当しません。

つまりいくら一式工事の許可を持っていても、500万円以上の単独の専門工事(例えばとび・土工・コンクリート工事)を受注して施工するためにはその専門工事の許可が必要ということになります。

茨城県の建設業許可取得を完全サポート!

サブコンテンツ

このページの先頭へ